ビジネスのグローバル展開を考える際に、貴社のウェブサイトからモバイルアプリにいたるまで、デジタル・マーケティングのすべての局面をローカライズすることが重要となります。 人々が動き続けている忙しい世界では、新しい商品やサービスを購入したり見つけるような行動がすべてデスクトップ機器で行われているわけではありません。

調査では、今やモバイル機器から消費者行動の多数が行われていることが示されています。 実際、現在の消費者はネイティブアプリケーションを使って、85%を上回る時間をスマートフォンに費やしていることが分かっています。 このような高い統計値を考慮すると、貴社のモバイル・アプリケーションを、貴社のローカライゼーションとグローバル成長戦略の一環と見なすことが極めて重要です。

アプリのローカライゼーションに関してアプリ開発者が知っておくべき4つのこと

  1. 翻訳とローカライゼーションの違い

 

アプリのローカライゼーションの工程にかかる前に、翻訳とローカライゼーションの基本的な違いから理解し始めることが最も重要です。 用語の翻訳に関して、コンテンツを文字通りの言葉に変換するだけでは貴社のグローバルな存在感を拡大するには十分ではありません。これは、往々にして翻訳が分かりづらくなることがあり、貴社が本来伝えたいことがその過程で失われやすいことがあるためです。

 

コンテンツがローカライズではなく単に翻訳されるだけなら、文化的嗜好や他言語のニュアンスを見過ごしてしまうリスクがあります。 貴社の商品やサービスが明確に理解されなければ、潜在顧客は母国語でより使いやすく分かりやすい他のアプリに流れて行ってしまう可能性があります。

 

貴社の商品やサービスが世界中でいち早くより利用できるようにするうえで、ローカライゼーションはアプリ開発にとって重要です。 文化的な多様性と適切性を考慮することは、尊重の水準を示しています。これはグローバルな存在性において常に極めて重要なことです。 プロフェッショナルなアプリ・ローカライゼーション・サービス への投資は、貴社のアプリのローカライゼーションの工程に役立ち、そのプロセスをより容易なものにすることができます。

 

  1. アプリのデザイン、レイアウト、スペーシングの重要性

 

ローカライゼーションはアプリ上の文字だけのことではありません。 貴社のアプリのすべての要素が可能な限り最良の方法で効果的にローカライズされるよう考慮される必要があります。

 

文字や画像から色や支払い方法までのすべてが重要です。 ゲームキャラクターなど、以前はその重要性を考えることがなかったかもしれない要素であっても、突如としてすべてが適合されなければならない極めて重要な部分になります。 正しくローカライズされていないと、異文化への侮辱につながったり、見込み客を混乱させるリスクが生じます。

 

  1. アプリのローカライゼーションによりROI(投資利益率)と売り上げの向上が可能

 

アプリのローカライゼーションは、文化的多様性へのお客様の注力と理解を示すだけではなく、大きくROIに貢献し、売り上げを増加させることもできます。 最近の調査によると、iOS向けアプリをローカライズした複数の企業は、ダウンロード数が128%増加するというめざましい成果を得ました。

明らかに、アプリのローカライゼーションによって競争の激しいグローバル市場における貴社の存在感は高まり、より多くのターゲット・オーディエンスを掴むことができるのです。

 

  1. アプリストアのローカライゼーションも等しく重要

さまざまなアプリストアにおける貴社のプレゼンスをローカライズすることも重要です。 アプリストアは新規顧客の多数が貴社のアプリを見る最初の場である可能性が高く、それゆえいかに貴社ビジネスとアプリの利用を提示するかが、個人がアプリをダウンロードするか否かにとってより大きな要素となるとみられます。

アプリ名や説明、アプリがどのように動作するかのスクリーンショットをローカライズすることがすべてローカライゼーション・プロセスの極めて重要な要素です。 貴社のアプリが今後どの言語に展開するかを明確にすることが極めて推奨されます。

thebigwordは、コミュニケーションの障壁をなくし、商品とサービスが確実にグローバルで利用されることに尽力しています。 私たちはウェブサイトとアプリのローカライゼーションが貴社のグローバルな存在感を高めるうえで鍵であると認識しています。 私たちは文化的相違の確認、一貫したメッセージを伝え、コスト効率が良く、高品質なローカライゼーション結果を提供することを専門としています。

当社のアプリ・ローカライゼーション・サービスが どのように貴社と貴社のビジネスに役立つことができるかについての詳細をご覧ください。