ローカライゼーション、翻訳そしてトランスクリエーションは言語業界でよく出てくる3つの用語ですが、それぞれ同一のものだと勘違いされてしまう可能性のあるものです。 グローバルビジネスの拡大にとってそれらはいずれも重要なものですが、それぞれの違いやプロジェクトにとって最適なものの選び方を知ることが重要です。

翻訳

翻訳はコンテンツをある言語から別の言語へ転換するプロセスであり、しばしば翻訳会社 や 機械翻訳サービス は大量の翻訳の処理においてテクノロジーを活用します。

これは通常は直訳となりますが、それはコンテンツをそれぞれ新たな言語に翻訳する際に正確に原文どおりの内容を維持することになります。 この場合、翻訳文が長すぎたり短すぎたりしてウェブデザイン、レイアウトやグラフィックが考慮されないことが多いのです。

一定の場合において、機械翻訳を大量の翻訳に活用できる場合があります。しかしながら文脈、文法や言葉遣いの点で間違いがないように文意のニュアンスを反映させるための翻訳後編集作業が必要となることが多々あるのです。

 

翻訳は、顧客の体験を支える上で意義のあるものですが、直訳は新たな言語において確かな関係性を構築する上では不十分なものとなる場合があります。 適切なものとなっていない場合には、ウェブサイトにおける顧客の体験に悪影響を及ぼすおそれがあり、また見込み客に逃げられる結果となる可能性もあるのです。 またブランド体験を粗末なものとし、一貫性のないものに見せてしまうおそれがあります。 そこでローカライゼーションの出番となるわけです。

 

ローカライゼーション

ローカライゼーションは翻訳よりも一歩深く立ち入ります。 ローカライゼーションのプロセスは、言語のニュアンス、言葉遣いや構文を考慮しながら効果的なコミュニケーションを実現することを使命とします。 それは単なる文字の翻訳以上のものであり、ウェブサイト、アプリまたはその他のサービスを特定の言語や文化的嗜好にふさわしいものとなるよう適応させるプロセスを伴うものです。 ローカライゼーションは、翻訳対象とする文化、言語そして市場に対応して文脈、グラフィック、プレゼンテーションや言葉遣いを調整することに重点を置いています。 それは単なる言葉をはるかに超えたものです。

 

ローカライゼーションは、内容が若干複雑であったりサービスの詳細に立ち入る場面において、ウェブサイト、アプリそしてソフトウェアなどのビジネスの場面において真価を発揮します。 コンテンツを完全なものにする上で役に立ち、メッセージの一貫性を保証する専門的なローカライゼーションサービスに投資してみることを強く推奨いたします。

 

トランスクリエーション

トランククリエーションは更に一歩踏み込みます。 言語のローカライゼーションの更に深遠な側面を考慮しながら、トランスクリエーションはターゲットとする言語の顧客のニーズに最適な提示のされ方を再構築しながら、メッセージの感性と一貫性を維持するプロセスです。 特定の言語における言葉遣い、製品説明やガイダンスは、別の言語にローカライズされた場合には見当違いになったり意味が通じなくなることが多々あります。 トランスクリエーションは、文書またはグラフィックの感性を把握し、新たなターゲット言語やオーディエンスに適合させるため再構築することでこうした溝を埋めるものです。

こうした配慮がなされていない場合、意図したメッセージが失われてしまったり、あるいは意図されたものと異なる方向へ解釈されてしまう恐れがあります。 トランスクリエーションは、コミュニケーションに一貫性があり、すべての言語を通じて妥当なものとなるように、メッセージを注意深くカスタマイズする作業です。

thebigword は、グローバルなオーディエンスのつながりを形成し、クライアントが存在感を拡大していくことをお手伝いすることに取り組んでいます。 弊社はローカライゼーションとトランスクリエーションがコミュニケーションの壁を取り払う上で重要な要素であることを認識しています。 デジタル化された競争の激しい業界において、こうした理解の深さを示し、ターゲットとするオーディエンスの言語の要件を取り入れることは必須事項と言えます。

弊社のローカライゼーション・サービスの詳細については、弊社のローカライゼーション関連ページをご確認ください。