ますます競争が激化する市場において、世界展開がカギとなることが多くあります。 しかし、他の国々での存在感を高めるにはどれだけの考察と計画が必要かということが見落とされがちです。

ウェブサイトのローカライゼーションからSEO(検索エンジン最適化)に至るまで、考慮すべき重要な側面が多くあります。 このプロセスにおいては、共通する間違いを確実に防ぎ、ウェブサイトを完璧なものにするうえで役立つプロの翻訳とローカライゼーションサービス  を追求することが不可欠です。

ウェブサイトのローカライゼーションに取り組む際に最も共通する問題は、 ローカライゼーションと翻訳サービスの違いを誤解することです。

翻訳とは、多くの場合は 翻訳会社機械翻訳サービス を利用してウェブサイトのコンテンツをある言語から他の言語に変換するプロセスであり、分量が多い翻訳作業にはテクノロジーが活用されます。

ローカライゼーションは、単にコンテンツをある言語から他の言語に変換することよりも深いプロセスをたどります。 業務についての意思疎通を効果的に行い、他の国々向けおよび自国語以外の言語におけるサービスを提供する際にローカライゼーション作業が必要となります。 ローカライゼーションでは、文脈、画像、体裁、表現を考慮しながら、個別の文化的嗜好に合わせたウェブサイトのカスタマイズが行われます。

ローカライゼーションと翻訳の違いを理解するうえで、お客様がターゲットとされる市場の文化や言語のニュアンスに適合させることは極めて重要です。

また他に共通するローカライゼーションの問題は、 文化的認識の不足です。 貴社が自社ウェブサイトのローカライゼーションを計画されている場合、文化的認識は世界展開の成功に不可欠であり、はじめから適切に対処されなければ、不要な混乱や否定的に捉えられることにつながる可能性があります。

世界にはさまざまな文化があり、何が適切な内容なのかについての見解には大きな違いがあります。 自国語では全く問題が無いように思えても、別の文化においては極めて侮辱的と見なされることもあります。 例えば、ユーモアや皮肉は異なる文化では不適切で誤解を招くこともあります。 表現や色、画像などもすべて考慮される必要があります。

異文化についての深い知識があり、かつ貴社コンテンツの適切性についてアドバイスができる ローカライゼーション サービス を追求することが重要です。 文化の違いを理解できないことで、貴社ブランドの評判が大きく損なわれる可能性があります。

ウェブサイトのスペースやレイアウトのデザイン も、考慮すべきローカライゼーションの重要な事項です。

貴社ウェブサイトが異文化に合うよう適切にローカライズされていない場合、ページが雑然とし、整理されていないものに見えるリスクを負うことになります。

貴社の現在のウェブサイトのレイアウトは自国語のみに合っている可能性があります。 しかし、特定のターゲット市場では全く異なるレイアウトが必要とされる場合もあります。 例えば、アラブ諸国では右から左に文字が読まれるため、ウェブサイトはこれに合わせて全く異なるレイアウトが必要となる可能性があります。

同様に、他の言語では単語や文字が英語よりも多いあるいは少ないスペースをとる場合もあります。 例えば、ドイツにおいてプレゼンスを高めることをお望みの場合、通常は英語よりもドイツ語の単語の方が長い文字列となるため、スペースとレイアウトはウェブページが過密にならないように考慮される必要があります。

thebigwordはさまざまな顧客と業界に対応し、最適なウェブサイトのローカライゼーションをお手伝いします。 当社はローカライゼーションプロセスにおける最も共通した問題について広範な知識を有しており、いかに適切にそれらの問題を防ぐかを把握しています。 当社の ウェブサイトのローカライゼーションサービス がどのように貴社のビジネスに役立つかについての詳細をご覧ください。