ローカライゼーション品質保証(QA)は、ローカライゼーションを行う対象が重要な文書、ウェブサイトまたはアプリケーションであるかに関係なく、作業の品質を保証するローカライゼーションプロセスの不可決な部分です。

ビジネスの観点からすれば、作業の品質は貴社ブランドを代表するものであり、この一貫性を保つことが重要です。 ローカライゼーションプロセスにおける校閲段階は、こうした意味で極めて重要な側面であるといえます。

競争の厳しい市場においては、見込み客は貴社のサービスまたは製品についてすばやい判断を下し、何かしら満足できなきなかったり、貴社によりニーズが満たされなかった場合、簡単に他へと目を向けることがあります。 文書または作品の校閲は、単純な文法チェックから意味のチェックまで、プロジェクトの複数の側面をチェックすることで、コンテンツを読み手に適切なものにします。

  1. 時間と資金を節約する

ローカライゼーションQAは誤りを見つけるだけでなく、製品がエラーなしの完全なものとなるよう徹底します。このことは製品やサービスが本番環境に置かれ、顧客の手に入るようになった段階で、リコールしなくてはならないといった事態が発生する可能性が低くなることを意味します。

 

プロのローカライゼーションサービスに投資することは、貴社の製品またはサービスが異なる観点からどう見られ、様々なスクリーンや媒体においてどのように受け止められるかを確認することになります。 このことは当初は高値の投資のように思われますが、長期的に見れば、十分なチェックがされていない製品またはサービスを市場に出すことは、貴社の事業により多大のコストをかけることになります。

 

  1. 誤りを見つける

前述したように、校閲により当初は気付かなかった誤りを見つけることができます。 これは極めて重要なことで、貴社のコンテンツが適切にローカライズされていない場合、貴社の事業に思いもかけない結果を招くこともあります!

 

例えば、見込み客が貴社が意図したものとはまったく異なるメッセージを受け取るといったリスクを負い、念入りに仕立てたマーケティングメッセージが台無しになる可能性があるのです。 それは商品説明から価格に至るまで顧客による商品やサービスの購入行動に影響を及ぼすものである可能性があります。

 

  1. 文化的適切性

当初の誤りを見つけなかったことで、文化的嗜好や他の言い回しのニュアンスを見過ごすといったリスクを負うことにもなり、読み手に不快な思いをさせることも恐れもあります。 製品やサービスが手に入るようになる前に、こうした潜在的な問題を見極め、単なる直訳の翻訳よりも深い意味を汲んだサービスに投資することが肝要です。

ローカライゼーションは言語の側面よりもコンテンツの側面をより考慮します。 これはユーザーに適切な文化的嗜好、異なる文脈およびレイアウトを考慮するものです。 これには文章以上のものが関係します。例えばグラフィック、カラー、社会規範そして価値感などが考慮されます。 このため、こうしたことがこのプロセスにおいて適正になされたことを確かなものにする校閲は極めて重要なものです。校閲者はニュアンスを汲み取り、それが完全にローカライズされるようにすることができます。

  1. ローカライゼーションQAは最終的な意思決定者です。

ローカライゼーションQAの重要性はよく見過ごされてしまいがちです。しかし、それは貴社の製品やサービスの最終的な詰めのプロセスにおいて多大の価値をもたらすことができます。 校閲はローカライゼーションプロセスの最終段階であり、作業の品質を決定づけるものです。  細部へのこだわりと多言語能力を兼ね揃えた校閲者は、貴社自身が見逃してしまった誤りを見つけることができます。

 

thebigwordでは質の高いローカライゼーションプロジェクトの重要性を理解しています。 当社は貴社の製品またはサービスを厳格な校閲プロセスの下に置き、誤りのないものにしてから、お客様に提供いたします。 当社の ローカライゼーションQAページ にアクセスし、貴社の支援方法をご覧ください。