thebigword は性別、人種、宗教、信条に関わらずすべての従業員を支援することが重要だと考えています。 従業員の多様性を尊重し、ローカライズに多数の上級幹部の女性がいることに誇りを持っています。

当社の「ローカライゼーションにおける女性の活躍」の一環として、HR のグローバルディレクターであるリーンと話し、平等についてとビジネスの上級職に就くということについての彼女の見解を議論しました。

女性が上級職を務めることはどのようなものですか?

上級職の女性であることは、男性の場合と非常に似ていると思います。 刺激的で、挑戦的で、要求が厳しいけれど、非常にやりがいのあることです。

あなたのキャリアはどこから始まりましたか?

17 歳の時、リーズの大手法律事務所でファイリング・クラークとして働き始めました。 入社してから約 12 か月で、私はすぐに人事に担当になりました。 HR カレッジのコース「Certificate in Personnel Practice」に行かせてもらいました。

若い頃は何を目指していたのですか?

いつも人々と働きたいと思っていました。 私は学校では、本当に優秀な学生ではなく、できたらすぐに帰りたいと思っていました!  いつも女子バンドに夢中になっていたと思いますが、歌のスキルはそこそこのものでした!

どのようにして現在の役職に就いたのですか?

フルタイムで働きながら 20 代半ばに大学を卒業しました。 つまり、週に 2 晩、夜間学校に行かなければならなかったということです。  最初のころ仕事では、常に昇進して(準備ができていないと知っていたとしても)、その後、仕事で学ぶために一生懸命働きました。

仕事と家庭のバランスをどのように取っていますか?

2 歳の娘がいます、ですから、重要なことは、幼い頃には、側にいて彼女をサポートすることも重要です。 それを念頭に置いて、月曜日から木曜日までの間は、とても長時間凝縮して働いています。 これにより、金曜日に娘と家で過ごすことができます。

あなたのキャリア/家庭生活は、お互いに影響しましたか? 例えば、自分のキャリアに集中するために、家族を後回しにすることを選択しましたか?

そのとおりです。 自分のキャリアにより集中していたので、31歳の誕生日の後まで、子供を持たないで待っていました。

私には、長時間の仕事ができる素晴らしい家族支援ネットワークがあります。 しかし、ディレクター/上級幹部レベルで働いている間は、新生児を持つことは考えたくありません。

選択した部門/ビジネスの分野でのキャリアの機会はどのようなものですか?

このビジネスは、従業員に機会を提供します。そして、私たちは、人々が希望する適切な自己開発を確実に行えるよう努力しています。 個人的には素晴らしい機会があったように感じます。また、取締役会メンバーとして学び、成長し続けることを楽しみにしています。

今の職務はやりがいがありますか?

もちろんです! とても価値があると感じられる立場にあり、それ自体が報われています。 一方では、私たちには、最高の経営管理チーム、CEO、会長がいて、彼らは、本当に価値を高め、ビジネスの方向性を変えることを、私に奨励しています。

リーン・ボトムリー

人事グローバルディレクター