クライアントのためにグローバルな販促キャンペーンを企画する際に多くの課題に直面することがあり、言語の壁はその一つとなります。

グローバルなオーディエンスを獲得し、クライアントのキャンペーンに対する投資効果を最大化することを狙う場合、ローカライゼーションは検討すべき重要なポイントであり、専門の言語サービス提供業者との提携がまさにこれを実現する上で有益なものとなる可能性があります。

クライアントのためにとてつもない販促キャンペーンを企画したとしても、その販促キャンペーンが成功するかどうか、そのメッセージが他の様々な国、言語そして文化圏においてもはっきりと共鳴するものかどうかを今一度考えてみる必要があります。

キャンペーンのグローバル市場との共鳴をどう保証しますか?

グローバルなメッセージの理解

ローカライゼーションのパートナーは、グローバル販促キャンペーンが単なるメッセージを超えたものであることをよく理解しています。 こうしたパートナーはテーマとなるものの文化的ニュアンスや複雑さなど深い側面を考慮します。 キャンペーンのためにトランスクリエーションを活用することで、メール、ソーシャルメディアのコンテンツによるもの、または SEO であれ適切なトーンとインパクトを持つメッセージの発信を保証することができます。

トランスクリエーションは、対象とする言語の顧客のニーズに最適な形で提示する手法を再構築しながら、メッセージの感性と一貫性を維持するプロセスです。 特定の言語における言葉遣い、製品説明やガイダンスは、別の言語にローカライズされた場合には見当違いになったり意味が通じなくなることが多々あります。 トランスクリエーションは、テキストやグラフィックのセンチメントを考慮し、対象とする言語とオーディエンスに適合するものへ再構築することでこのギャップを埋めます。

それは単に言葉にとどまりません。 異なる言語が異なるキャラクターを採用したり異なるデザイン嗜好を用いることは多々あります。 対象とする市場を優先し、見かけ、感じやデザインそしてコンテンツをローカライズして最初のキャンペーンの成功そしてキャンペーンを打つ度に成功することを保証することが重要となります。

グローバルなオーディエンスの獲得

クライアントのために最大限のオーディエンスを獲得するとなると、念入りに仕込まれた販促メッセージ以上の事柄を考慮する必要があります。 現在グローバルなデジタル人口が40億人強であることが調査により判明しています。[1] 事実、購入の4割は検索と購入に関して現在オンライン・チャンネル経由のみで処理されています。[2]

適切に実行・ローカライズされた場合、クライアントのキャンペーンが全世界で非常に大きなオーディエンスを獲得する可能性があり、特にインターネット上でクライアントがターゲットとしたい広範な業種を対象とすることができます。 つまり、すべてのタッチポイントを通じキャンペーン全体を最適な形でローカライズし、すべてのマーケティングチャンネルにおいて最高のユーザー体験を生み出す必要があるのです。

潜在的な反発の回避

ノウハウやローカライゼーションの下支えがない場合、意図したメッセージが対象とする市場において想定したとおりに受け入れられないおそれがあります。 どんなにキャンペーンが優れたものであっても、他の国や文化圏においてまったく同じように好意的に受けとめられるとはかぎらないのです。

例えば、ある国でユーモアまたは無害と考えられるものが別の国では不適切または不快とみなされる可能性があります。 そうなるとキャンペーンの投資効果(ROI)が損なわれたり低下するおそれがあります。

コンテンツのトランスクリエーションから AdWords や PPC に至るまで、thebigword がパートナーとなってお客様の社内チームの延長として奉仕し、グローバルな販促キャンペーンにおいてクライアントが最大限のエクスポージャーを得られるよう保証することができます。 詳細については弊社のグローバルマーケティングのページをご覧ください。

[1] https://optinmonster.com/content-marketing-statistics/

[2] https://www.pure360.com/40-ecommerce-statistics/