ハロウィンは全世界でカトリック教会の諸聖人の前日夕方に開催されており、その起源はキリスト教以前の異教の時代にまで遡るものです。 世界中の多くの国が奇妙な仮想パーティーからキャンドルやかがり火など様々な趣向でこの日を祝っています。

ハロウィンの伝統はイギリスやヨーロッパの一部の地域における古代ケルトの信仰の一環としてのサウィンの祭りに遡る数千年の歴史があります。 サウィンは夏の終わりと冬の始まりの区切りとなるものです。 この祭りは死者が生きている者達の間を徘徊することができると信じられている時期に行われるものであり、10月31日には死者の亡霊が生者の世界に返ってくるとされています。 亡霊と疑われるものや超自然的な世界の力について警告するためにかがり火が灯され、祭りが執り行われます。

ハロウィン全般で確立されているテーマは、カボチャのちょうちんです。 伝統的にはカボチャの内部がくり貫かれ、怖い顔が刻まれ、内部にロウソクを灯す「ジャック・オー・ランタン」が知られています。 カボチャのちょうちんの伝統は、悪魔とやり取りしたスティンジー・ジャックという名前の男性にまつわる不気味な話の一部としてアイルランドを起源とするものであることがわかっています。 カボチャのちょうちんは今では特にイギリスとアメリカでハロウィンのお祭りの楽しい目玉の部分となっています。

長い年月を経てハロウィンのお祭りは現在のお祭りの形へと変化してゆき、世界中で大きな人気を博し喜ばれています。 アメリカでは、ハロウィンは疑うべきもなく目一杯楽しまれています。 みんなが飾りやパーティーに全力で取り組むハロウィンは、事実クリスマスに次ぐ二番目に盛大なお祭りであり、毎年60億ドルという巨額の支出がなされているのです。

アメリカと同様にイギリスもハロウィンのお祭りにお金をかけて楽しむ国です。 多くの人が集まってホラー映画を観たり、リンゴくわえなどの伝統的なゲームでハロウィンをテーマとするパーティーを開き、街を徘徊し、人を怖がらせる衣装ででお菓子をねだります。

メキシコでは、「死者の日」が10月31日から11月2日まで広く祝われています。 伝統的なハロウィンのお祭りと比べるとそれほど不気味なものではないように見えますが、お祭りや派手な装飾により亡くなった身内を思い出し敬意を表するためにこの機会を利用しているのです。

thebigword は、オフィスをクモの巣やカボチャ、そして何でもいいから不気味なもので飾り、また「Cash for Kids」の支援として10月31日水曜日に最高に気味の悪い衣装をすべてのチームが着て競うコンテストを開催することで祝います。

弊社の募金に関する詳細については、info@thebigword.comにてお問い合わせいただくか、Cash for Kids 支援に参加してください。以下はそのウェブサイトです。http://www.cashforkids.uk.com/