世界中に 600 人を超える従業員を抱えるグローバル企業である thebigword は、当社の有能なスタッフメンバー、そして職場の外で彼らが成し遂げた興味深い驚くべきことを誇りに思っています。 thebigword では、従業員が新しい冒険や趣味に挑戦し、才能を探求するよう積極的に奨励しています。

今月、ヨーロッパのセールス担当副社長であるロッコに会い、小説の執筆と出版に対する彼の情熱についての話を聞きました。

小説の執筆に、最初に興味を引かれた理由は何ですか?

「10 歳のころから、書くこと、特に実際の出来事に触発された物語が大好きでした。 新しいものを発見するという情熱はいつも私の一部でした!

高校での授業では、常に現在のイベントのテーマを選択し、これについて自分の解釈を加えるのが大好きでした。

特に記憶に残っているのは、ある教授のことで、イタリアの音楽にとって最も重要な毎年恒例のイベントであるサンレモフェスティバルについて執筆したところ最高点をいただきました。 これは、私にとって素晴らしい業績でした(ロック愛好家としては、イタリアのポップミュージックが嫌いなのにね!)」

どれくらいの間、執筆されていますか?

「10 年ほど前に小説を書き始め、2009 年に最初の小説を出版しました。

これまでのところ、4 冊の小説を出版したことを誇りに思っています。 それらはいずれも野心や社会階級、政治、ニヒリズム、感情的衝動といったテーマを持つスリラーです。 最初の小説が出版されたのは 2009 年ですが、そのわずか 2 年後には 2 冊目の出版となりました。 2013 年に短編小説「Fama e successo」(名声と成功)を出版し、私の最新の作品は 2017 年に出版されました – この小説を書くのに 3 年を費やしましたが、間違いなく一番長いものです。」

なぜ特にスリラーなのか?

「私は犯罪小説とスリラー小説に情熱を注いでいます。 12 歳のときに、出版社に購読登録をして、アガサ・クリスティーとジョルジュ・シムノンのすべての小説を集めました。 スリラーは、ひねりに満ちているだけでなく、フラッシュバックにも適していると思います。

物語の年表を混乱させて、過去の多かれ少なかれ長い間の悶々とした思いに戻り、これを小説の中心テーマにするのが好きです。 また、予測不可能であり、本来の性質とは正反対のキャラクターを作成し、物語を変容させ、それを実現するのも大好きです。」

Thebigword でのフルタイムの仕事に加えて、どのように書く時間を作っていますか?

「thebigword での役割は、常に外出先にいることを意味しますが、小説の執筆には座ってすることが必要になる場合があります。

3 年間かけて最新の小説を130 ページ執筆しました。 2015 年 3 月に thebigword に入社したとき、小説の最後のレビューをしていましたが、わずか 2 年後にこの作品を完成させました。 幸いなことに、私は早起きなので、朝早くから情熱を注ぐ時間を楽しんでいます!」

執筆は、職場でのパフォーマンスに役立ちますか?

「ワークライフバランスの精神では、趣味は個人的なことや職業的発展にとって非常に重要だと感じています。 忙しい一日の前後に、すぐにバッテリーを再充電できます!」

ヨーロッパ、セールス担当副社長、ロッコ・フィロメノ