thebigword では、従業員が新しい冒険や趣味に挑戦し、才能を探求するよう積極的に奨励しています。 当社は、600人を超える従業員を抱える強力なグローバルワークフォースを備えています。また、職場の外で彼らが成し遂げた興味深い驚くべきことを誇りに思っています。

今月は、当社の「学習と開発のグローバルヘッド」であるニックに会い、彼の音楽への情熱(楽器演奏と音楽制作)についての話を聞きました。

自分の中で音楽を発見する

「趣味は楽器の演奏と音楽制作です。 ギター、ベースギター、ピアノ、ドラムを少し弾きます。もちろん、歌も少しします。 5 歳のときにチェロを演奏し始め、私の年齢にしては非常に早くグレーディング構造を習得しましたが、高校に行くと演奏を止めてしまいました。 チェロをスクールバスに乗せたとき、みんなが「迷惑そうな態度」を取り始めました。それで、自信が少し失われたと言ってもいいでしょう。 当時、学校では、他の楽器を選ぶことができたので、打楽器を学び始めました。 家に帰って、クリスマスプレゼントにドラムキットが欲しいと言ったら、まずは、頑張る意思表示の証として、練習用に電話帳を渡されたのを覚えています。」

世界中を旅する

「放課後学校に残って楽器と正式な練習を少しだけしました。 その後、ロンドンに住んで経験を積み始めました。 南に 10 年住んだ後、私は家を売り、ヨークシャーに戻り、結婚し、新婚旅行で世界中を旅しました。 オーストラリアのバイロンベイでのことを覚えていますが、これまで聞いたことのない、この音を聞きました。 誰かが演奏しているイダキ(別名ディジュリドゥ)の音でした、私はそれを演奏する方法を学びたいと思いました。 本当に素敵なのを買って家に持ち帰りました。帰ってから演奏する練習をしました。 クールな楽器で、循環呼吸のような多くのテクニックが必要です。これにより、長時間にわたって連続した音を出すことができます。」

その他の楽器
「家にはいろんな楽器 ― アコースティックギター、エレキギター、ベースギター、キーボード、ボンゴ、コンガがありますし、レコーディングやプロデュース用の設備もあります。 私の友人はプロのミュージシャンで、90 年代にバンドで演奏していました。ですから、毎週集まって曲を書いたりプロデュースしたりしています。 家ではギターを手にしないでいるなんてことはできません!」

実績と名声

「私の個人的な最大の成果は、自分が書いた曲が、ラジオで放送されたことだと思います。 書いたいくつかの曲をプロのミュージシャンに演奏してもらいました。 自分が書いたものが多くのプロたちによって演奏されるのを聞くのは素晴らしいことです!」

趣味と職場のつながりはどこにありますか?

「複雑な仕事をしているとき、それから抜け出す助けになる何かを必要とします。 没入するためには、完全に異なるものを持つことが重要です。 曲を書くには計画と思考が必要で、創造的になる必要があります。 熟考するとき、これらの属性は thebigword での私の役割と密接に関連しています。 たくさんの人の前に立つ人たちのグループを長年にわたって訓練してきましたが、一部の人は、パフォーマンスを言うかもしれませんが・・・おそらく、私の仕事と情熱は、曲を書くこととさほど違いはありません。」

学習と開発のグローバルヘッド、ニック・ヒル