thebigwor の CEO であるニハット・アーカンは、今月末にロンドンで開催される、次回の TAUS サミットの「The CEO Conversation」に参加します。

CEO の課題は、人間と機械の間、保守主義とグローバリズムの間のナビゲーション、言語チームの創造力、および言語業界内の大規模データのインテリジェンスに集中します。

TAUS グローバルコンテンツサミットは、まる 1 日を費やす会議であり、グローバルインテリジェントコンテンツ配信の自動化と革新に関するアイデアを促進することを目的としています。 人と人をつなぎ、バイヤーとプロバイダーを共同環境で結び付けて、業界のトピックを共同で作成し探索します。

thebigword は、80 名を超える上級言語専門家をホストするこのサミットを後援しています。 この日は、インタラクティブなワークショップ、パネルトーク、ネットワーキングの機会で構成されています。

ロンドンのショーディッチにあるノブホテルで開催されるサミットのテーマには、機械翻訳、最新の翻訳パイプライン、インテリジェントコンテンツとロボット化で実現した飛躍的な進歩が含まれます。

thebigword CEO ニハット・アーカンは次のように述べています。「ロンドンで開催される TAUS のサミットに参加し、進化し続ける業界とグローバルなお客様のニーズについて話し合うことを楽しみにしています。

業界の目標は、本質的に一貫性のない人間の言語の世界で、一貫して信頼できる「インテリジェントコンテンツ」を作成するための要件を満たす、最適なテクノロジーと人間の相互作用を見つけることです。」