自動車業界はかつてない盛り上がりを見せています。 自動車と原動機付き車両のデジタルトランスフォーメーション、新技術および無数の機能は絶え間なく進化し、自動車業界を押し上げ、また特にメーカーとLSPにとって様々なチャンスをもたらしています。 米国だけ見ても自動車業界の2018年の新車販売台数は1,730万台という結果になっています。[1]

自動車はもはや最低限の機能とシンプルなデザインにより人をA地点からB地点へ運ぶ旧態依然とした四輪車ではなくなっています。  人工知能、音声認識などの新しいテクノロジーならびに近い将来に実用化される完全自動運転の自動車は自動車の運転というものを大きく向上させていっています。

テスラなどによるスマートカーの開発はますます伸びています。 2020年までには100万台の自律型自動運転車が路上を走行していることになると実際に予測されています。 [2]  スマートカーの開発により Amazon Alexa、Google Assistant、Siri ならびに Cortana などの AI 技術がこれに統合され、その結果として翻訳と通訳に対するニーズが増大しています。

今では音声制御を通じて自動車に命令や指示を与えることができるようになり、自動車メーカーがこうした機能を様々な言語において利用できるようにすることが必須となっているのです。 結果的にそれは、誰でもアクセスできる統合されたスマート・システムの実現のためLSPに対する需要の増大を意味します。 「Alexa」の類の機能が完全に有効なものでないため多額のお金をスマートカーに費やすことにあまり意味はありません。

技術的な側面意外では、他のもっと「伝統的な」自動車のオーナーとなるメリットについても言語サービス提供業者(LSP)の関与を必要としています。 自動車購入から全般的なメンテナンスに至るまで、取扱説明書や契約書類そして保証書などオーナー用に相当の量の書類を揃える必要があります。 こうした一切の情報が現地の言葉で利用できることが必須です。 将来の潜在的な問題を避けるため、重要なメッセージや指示事項を正しく伝える必要があります。

thebigword は引き続きテクノロジーと翻訳サービスに投資し、自動車業界を支えてゆきます。 弊社は例えばフォード、マツダ、ピレリそしてトヨタなどのこの分野の様々なクライアントに協力しています。 弊社はこの分野において過去3年間の間に46カ国語で1,300万語以上の翻訳を手がけてきました。

弊社の接続機能と完全自動化されたプロセスにより、自動車業界は自らの車両を記録的な短期間で複数の市場に導入することが可能となります。

弊社は自動車関連のコンテンツの翻訳とローカライゼーションを支え、顧客がグローバルな舞台において成功するようお役に立つことができるのです。 詳細については、弊社の 自動車関連ページ にアクセスして下さい。

 

[1] https://knowledge.wharton.upenn.edu/article/the-u-s-auto-industry-in-2019-twists-turns-and-bumps-ahead/

[2] https://www.topgear.com/car-news/electric/self-driving-teslas-might-be-thing-2020