仕事の世界は、お金の面での安定を確保する方策だけではなくなりました。 新しい経験を強く求める人々が、職業上満足感のある役割を探索しています。 研究によれば、平均的な人は、一生の間に10回から15回転職します。転職の主な理由の一つは、異なる場所でのより良い機会を求めて、です。

明らかに、仕事の市場はますます厳しくなっており、競争も激しくなっています。就職のチャンスを高めるためには、異なる、新しい、創造的な方法が常に求められています。応募者数が増えると、雇用者は何百もの履歴書をざっとみて、応募者の能力や重要な違いを素早く判断するというチャレンジに直面することになります。従って、自らを際立たせるスキルを持っていること、役割に対して妥当な個人的・職業的特質を提示することが重要になります。

新しい言語の学習は、意思の強さ、柔軟性、そして世界的なレベルで働きたいという希望を強調する素晴らしい方法です。そしてこれはそれほど難しいことではありません。 幸いなことに、オンライン学習のコースのような簡単にアクセスできる機会が多数あるので、誰でも数週間、数クリック、数時間でエキスパートになることができます。 実際のところ当社の言語学習方法のブログの最新の研究によれば、フランス語、スペイン語、ドイツ語、イタリア語と言った言語の基本をマスターするには、480時間かかるとのことです。

 

さらなるキャリア発展のために新しい言語を学ぶべき五つの理由

 

  1. 履歴書に外国語の能力を記載するのは、競争相手から自分を際立たせる素晴らしい方法です。 研究によれば、英国では五人に三人が外国語を話せません。 この顕著に高い数字を考慮すると、外国語能力を追加すれば、求人に応募する際、あなたの履歴書は直ちに印象深いものとなり、競争相手の間で自らを際立たせることになるのは明白です。

 

例え、習得した言語が、応募している職に適用されない、もしくは必要とされていない場合でも、あなたが更なる努力を重ね、職場外で重要なスキルを習得するのに献身したことを示します。

 

  1. 多言語を話せるということは、関係構築においても有利です。より多くの関係を築き、より個人的な方法で異文化との関係を築くことのできる、一味違う社員となる可能性を含んでいます。コミュニケーションの障害を取り除けば、クライアントや顧客の経験はより個人的なものとなり、より多くの売り上げにつながるかもしれません。

 

研究によれば、60パーセントの会社がサービスを世界的に展開し、他国で事業を行いたいと考えていますが、言語の壁と適切に意思疎通をする能力に阻まれています。つまり、履歴書に外国語能力を記載すれば、あなたは潜在的な関係構築をになう者、売り上げ向上を実現させる者、会社の拡大を担う者として際立つこととなります。

 

  1. 外国語に通じることは、海外への効用出張など社内でのよりエキサイティングな職業的機会をもたらす可能性があります。移動があなたのキャリアの重要な側面である場合には、もう一つの言語を習得することは公用出張に選ばれ、海外で会社を代表する機会を高めます。

 

コネクティビティと拡大が事業の成功により重要となっている現在、この目的のために外国に出張することは、ますます必要となっています。 研究によれば、米国だけでも毎日130万の出張が行われています。

 

会社が世界的に拡大し、国際的に事業を展開しようとして居れば、従業員の出張が欠かせません。 多言語を話せる人間は、地元の人とより個人的に接触でき、より複雑で深い会話を交わせ、新しいビジネスを生成するのに特に貢献します。

 

  1. 他言語の学習は献身を示す 言語学習の困難さは、学習している言語とどのレベルまで流暢になりたいのかによりますが、一つだけ確かなことがあります。言語の学習は、仕事以外のことに対するコミットメントを証明するということです。

 

フランス語、スペイン語、ドイツ語、イタリア語といったより簡単な言語を学ぶのには、毎日5時間費やすと、およそ96日で基本がマスターできることが分かっています。これは諦めないことの重要性を示し、わざわざ自分に課したタスクにしっかりとコミットできることを証明します。

 

  1. 多言語に流暢になると意思決定能力が向上すると考えられています。 研究によれば、外国語を話せる人は、母語以外で問題を考えている時、第一言語しか話せない人よりもより分析的で合理的な決断を下すことができます。 また、異なる言語で状況を考慮すると問題からのある一定の距離が確保されるので、状況に左右されることや衝動的に行動することが少なくなるとされています。

 

履歴書に関していえば、意思決定能力は、あらゆる従業員が必ず備えていなければならないものです。 多言語を話せると、真摯な方法で意思決定をできることを証明し、あなたを際立たせます。

 

第二言語を話せると、キャリアの面で他との差が付けられ、他国に出張し、緊密な関係Kを築く可能性が得られるといった利点があるのは明らかです。

他の言語を話せますか? thebigwordでリンギストとしての旅を、今日、始めませんか?そしてグローバルなブランドとスキルを身につけましょう。 詳細は、同社のリンギスト・ゾーンで。

https://jp.thebigword.com/