thebigwordは従業員の多様性を誇りをもって称賛しています。 弊社は単に年齢、性別そして民族に関する弊社の受容性を謳う方針を称揚するだけではなく、認識能力の多様性を促進し、異なる職歴や経歴を持つすべての人材を採用しています。弊社の世界12箇所には幅広い職責が用意されており、弊社の価値感そして言語サービスに対する情熱を共有する優秀な人材を採用しています。 弊社はスキルと品質を第一とするアプローチを採用し、ローカライゼーション業界への参入を希望する他業界からの応募者を歓迎いたします。

異なる業界出身者のコメント

「私は2007年に大学を卒業し、最後の課題を提出したその日にパリに移りました。 パリでは、ツアーガイドと子供たちを楽しませるエンターテナーとして5年間を終えました。また、フェンシングとアーチェリーの資格を取り、インストラクターになりました。 パリで過ごした時間はすべてが大好きでしたが、1年でユーロディズニーの乗り物に乗ることができる時間は非常に限られています。 私は故郷に帰り、最初からやり直すことに決めました。

帰郷後、映画館チェーンで短期の仕事を得て、人事部門の業務を引き受けました。 私は採用プロセスを徹底的に活用し、thebigwordがリンギストリクルーターを探しているのを知りました。 これが私の最初の事務の仕事でした。そのため応募時には深く考えなかったのですが、運良く、thebigwordは採用部門に私を採用しました。 11か月後、人事部門の上位職務に応募し、勤勉でフレンドリーなチームに6か月間います。  私の前職がまったく違う業界であるにも関わらず、thebigwordが私のこのチャンスを与えたのは、信じられないほど幸運なことだと思います。」

Mathew Stretton、採用コーディネーター

「2013年、私はロンドンスタンステッド空港で航空会社向けの6週間の集中トレーニングコースを修了しました。 その直後、私はベルギーのシャルルロアに移り、キャビンクルーの一員として自分のキャリアを始めました。初めてのフライトはポルトガルのポルトに行きでした。

2014年、私はイギリスに戻り、ジムで職を得ました。 別の業界で自分の選択肢を探りたいと思い、thebigwordでハウスマネージャーのフロントの職務に応募し、うれしいことに採用されました。 1年後、自分の役割を全面的に楽しんでいますが、最近、幸運なことにCEOの秘書としてのチャンスをさらにつかみました。」

Carl Widdrington、フロントオブハウスマネージャー、CEO秘書

「thebigwordに入社する前、私は金融保険セクターで働きました。大規模な戦略的かつ複雑な得意先の開拓で23年以上の経験があります。

この間、アカウントディレクターとして、新しいビジネス販路を開拓し、リテンション戦略を開発するさまざまな大規模な優良組織とともに働きました。 顧客満足プログラムでサポートされる新規開拓、クロスセリング、マルチチャンネルのプランを作るために協力しました。

オーストラリア、米国、フィリピンで働く戦略開発ディレクターとして知識と経験を積み、業界で長年過ごした後、イギリスに戻り、thebigwordの言語サービスにキャリアを変えることに決めました。 2013年、大規模で戦略的な英国政府を担当する公共部門の戦略セールスディレクターの職務に応募しました。 この間、成長を実現し、契約を成功裏に更新し、長期にわたって強力な得意先との関係を築きました。 営業の知識と経験を異なるセクターに移し、素晴らしい結果を出すことは、とてもやりがいがあります。」

Amanda Ree、戦略開発ディレクター