ブラジルと英国の架け橋を築く
2016 年のオリンピックとパラリンピックは、ブラジルでの開催が予定されていますが、大成功を収めた 2012 年のロンドンオリンピックの後は、ブラジルにも大きな期待がかかります。 世界 205 ヶ国から一万人の選手が参加して開催され、世界中から 68 万人の人々が観戦に訪れたロンドンオリンピックは、史上最高のオリンピックと広い方面から高い賞賛を受けました。

ブラジルでは、これを上回るものにしたいと関係者が意気込んでおり、オリンピックとパラリンピックを成功させるための秘訣を英国から学ぶことを望んでいました。

そして、英国の組織関係者からできるだけ多くの知識を学ぶことを切望していたブラジルの政治家と役人、軍関係者のために、両国間でベストプラクティスを共有するための首脳陣によるミーティングが企画されました。

 

課題

言語の障壁を克服
これらの重要な話し合いを実施する上で唯一の障害となったのが言語の障壁でした。そこで、ブラジル大使館は、話し合いを円滑に進めるためのサポートを提供してくれる言語ソリューションプロバイダーを探し始めました。

中でも、ロンドンのオリンピックとパラリンピックに通訳を提供した thebigword は有力候補でした。 優れたコストパフォーマンスに加え、英国本社に勤務するブラジル人プロジェクトマネージャーの専門知識のおかげで、thebigword はブラジルオリンピックの組織運営をサポートする企業として選出されました。

話し合いには、対面通訳とウィスパリング通訳から専門通訳技術までにいたるさまざまなスキルが要求されましたが、thebigword では生産的なミーティングを行うのに必要なすべての要員を提供することができました。

最高レベルのサービスを提供するためのトレーニングを受けた通訳
thebigword では、二国間の首脳陣による話し合いのために、エキスパート通訳を手配する必要がありました。 そこで、専門リクルートチームは使用する通訳を評価、選出してブリーフィングを行い、各通訳が求められる業務を遂行できるようにしました。 thebigword のリーズ本社に勤務するブラジル人の プロジェクトマネージャー、Tiago Rocha は、各通訳案件についてブラジル大使館と明確なコミュニケーションを行うことができました。

ソリューション

世界の指導者の間の対話をサポート
今回のプロジェクトには、セキュリティ上の懸念に関するブラジル軍の高官によるミーティング、オリンピックとパラリンピックの資金に関する英国とブラジルの財務大臣間の会議、パラリンピックの実施と利点に関する両国間の大臣による会議などがありました。

さらに、一部では、英国のゴードン・ブラウン前首相も参加した首脳陣によるミーティングにもサポートを提供しました。

thebigword は、各セッションに守秘義務を守りながらエキスパートサポートを提供することで、両国が円滑な話し合いを進め、協力してオリンピックとパラリンピックの伝統を継承するためのサポートを提供しました。

 

「今回の話し合いは、ブラジルで開催予定のオリンピックとパラリンピックのためだけでなく、2 つの主要国の関係のためにも非常に重要なものでした。 私たちは今回の首脳陣による話し合いに必要なすべてのものを確保できただけでなく、何よりも重要なことに、円滑に対話を進めることができました。」

「トップレベルのサービスを提供できる通訳を提供できただけでなく、各通訳を慎重に評価してから、各通訳が各任務に臨む前に完全な準備ができていることを確認することで、高品質の通訳サービスを提供することができました。 このプロジェクトは大成功を収めましたが、現在では 2016 年のオリンピックとパラリンピックに大きな期待を寄せています。」

 

Tiago Rocha シニアプロジェクトマネージャーthebigword