デジタル時代において全てのサービスと商品にアクセスしやすくなるという期待が高まっています。 コンテンツが購入者側の母語へローカライズされると、意思決定プロセスがさらに容易かつ優れたものとなることが調査により示されています。

その市場はどれほどの規模か?

eコマース市場は急速に成長しています。 オンライン販売により、世界中で商品やサービスの購入と交換を迅速かつ容易なものにできます。 今では10回の購入のうち4回は、検索と購入にオンラインチャンネルのみを使用して行われます[1]。 これに加え、アジア太平洋地域のeコマースの売上高は2015年に8,776億米ドルを記録しており、2019年までに2.33兆米ドルを上回る規模に拡大すると予想されています[2]。

商品やサービスをオンラインで購入することは、その便利さや即時性により現在の社会において好ましい手段であることは明らかです。 競争力を保つため、ユーザーが使いやすいeコマース・サイトがあることが最重要であることは明らかです。

ウェブサイトのローカライゼーションとは?

デジタル・オーディエンスならびに購入に至るユーザーのプロセスを見直すと、意思決定プロセスに阻害または影響をもたらす可能性がある課題の一つは、潜在顧客の母語でコンテンツを提供していないことです。 ウェブサイトのローカライゼーションは、顧客体験を少しでも簡単に商品やサービスに近付けて販売に繋げるための翻訳ソリューションです。

ウェブサイトのローカライゼーションは、主要なコンテンツをある言語から他の言語へ単に翻訳するだけのことではありません。 ローカライゼーションには、文脈、画像、体裁や表現、そしてコンテンツの翻訳を考慮しながら文化的な適切さに対応するようウェブサイトを適応させる作業が伴います。 ローカライゼーションは国際的なeコマースの成功の第一歩に含まれ、他の国々に向け、母語以外の言語でサービスを効果的に伝え、提供することを御社が望まれる場合に必要となります。

eコマース・ウェブサイトのローカライゼーションが重要である理由

eコマース・ウェブサイトのローカライゼーションが売り上げに潜在的に与えるインパクトを認識することが重要です。 調査によると、世界の消費者の72.4%は自らの言語で商品情報が提供されていれば商品を購入する可能性が高くなることが示されています。 これに加え、欧州のみにおいても、調査では欧州人の42%は自らの言語による説明がない場合には商品を購入しないことが示されています。

サービスの利用のしやすさと潜在的な売上高の間に大きな関連性があることは明らかです。 他社に対する競争力を保つため、ウェブサイトは完全にローカライズされ、ターゲット・オーディエンスが母語でアクセスできなければなりません。

文化的妥当性が求められるケース

文化的妥当性と感受性もeコマース・ウェブサイトのローカライゼーションを始める上で重要な要素です。 今後の国際的な市場拡大のために、あらゆる国または製品に特有の感受性を確実に評価するため、ウェブサイトのローカライズの際に文化的な適切さに配慮することが不可欠です。 これをローカライゼーション・プロセスの一環に含めることで、配慮すべきあるいは不適切な情報を新たな国際的なオーディエンスに提供した結果生じる不要な混乱や批判をいっさい防ぎます。

何が適切なコンテンツなのかについては、文化は世界中で大きく異なります。 自国語では全く問題が無いように思えても、別の文化においては極めて侮辱的と見なされることもあります。 これには表現や単語から色や画像に至るまであらゆるものがあり得ます。商品とサービスを文化的に適切なものにする際、これらはすべて考慮すべき重要な要素です。

thebigwordはさまざまな顧客と業界に対応し、最適なウェブサイトのローカライゼーションをお手伝いします。 当社にはウェブサイトやeコマースのローカライゼーション、そしてリスクを軽減し国際的な成長プランを管理する方法について広範な知識があります。 当社のウェブサイトのローカライゼーションサービス   がどのように貴社のビジネスに役立つかについての詳細をご覧ください。

 

[1] https://www.statista.com/topics/2333/e-commerce-in-the-united-kingdom/

 

[2] https://www.statista.com/statistics/533860/retail-e-commerce-revenue-asia-pacific/