thebigword Groupは、創業者兼会長であるラリー・グールドがATCランゲージ・インダストリー・サミットにおいてアイクナー賞を受賞したことを祝福します。

アイクナー賞は、プロフェッショナルな言語サービス産業に素晴らしい貢献をしただけでなく、しばしば最高の業務能力により業界を発展させる役割を果たした個人を称賛するものです。

起業家精神を真に絵に描いたようなラリー・グールドは、thebigwordブランドを40年前のスタートアップから、世界の一流ブランドと政府組織の多くと提携する優れた言語テクノロジー・ビジネスになるまでに築き上げました。

常に競争の先を行くために、ラリーは、thebigwordを世界における一流のグローバル言語会社にする言語テクノロジーの開発を主導してきました。

 

ラリー・グールドは自身の業績について、次のようにコメントしました。「アイクナー賞を受賞したことを、光栄に思います。

このビジネスに私が関わった40年間で、言語産業はとても多くの人々の生活に大きな変化をもたらしました。 言語の壁が崩れ、誰もが世界中のあらゆる場所で品物とサービスを受け取る権利を確かに持っていることを私は心の底から信じています。

私は、この無限の可能性に本当に興奮しています。そして、このビジネスの次の40年間が楽しみです。」

アソシエーション・オブ・トランスレーションカンパニーズのCEOである、ライサ・マクナブは次のコメントを添えました。「アイクナー優秀サービス賞は、ATCの設立を推進したフレッド・アイクナーとネリー・アイクナーの2人にちなんで名付けられました。

今年のアイクナー賞は、起業家精神を持ち、言語サービス産業に貢献したキャリアを持つラリー・グールド氏に与えられます。 ラリー氏は、このビジネスで40年近い業績の推進者であり、彼の熱心さ、熱意、意欲には敬服します。」

今年のアイクナー賞は、起業家精神を持ち、言語サービス産業に貢献したキャリアを持つラリー・グールド氏に与えられます。 ラリー氏は、このビジネスで40年近い業績の推進者であり、彼の熱心さ、熱意、意欲には敬服します。」

レイチェルは受賞について次のようにコメントしました。「この広く認められている賞を受賞したことは光栄です。 thebigwordは、売上高が初めて8500万ポンドを超え、これまでで最高の事業年度となりました。

私たちは、最近、素敵な新しいロゴと契約を手に入れました。それは、弊社の意欲的な成長戦略に沿って世界中で拡大を続ける私たちにとって本当にワクワクする時間です。

ATCのランゲージ・インダストリー・アワードは、ATCの会員企業と、それらを支える言語産業のプロフェッショナル達の優れた活動を称賛するものです。