「新しい言葉を学ぶ」という表現は、かなり曖昧です。 教育の他の形式と同じように、どの程度まで修練するかには差があり、言語学習にも当てはまります。 基本的な会話ができれば良いという人もいれば、特定のトピックの複雑な言い回しのニュアンスを理解したい人もいるでしょう。 したがって、言語の学習とは、単純な端から端までの過程ではなく、その人の新しいスキルに対する動機や野心に関係しています。

私たちの多くは、学校でフランス語やドイツ語、スペイン語を学習したことがあります。 しかし、後になって、毎週一時間の授業で学んだのは、基本的な挨拶と、ペットの名前や放課後の趣味と言った大変重要な詳細を伝えることだけだと気付きます。

学校で言語を「学習する」のとより流暢に言語を深く理解することの間には大きな落差があります。 他の言語でより流暢になることは大変ですが、キャリアや個人的生活の上で非常に役立つことがあります。翻訳という仕事への扉が開くこともあれば、海外での機会、異なる市場の探索につながるかもしれません

なぜ新しい言語を学ぶのか

テクノロジーの進歩により、デジタルで繋がった世界はより小さくなりました。 このため、他の言語の学習は必須だ、もし必須でなければ、非常に役に立つと多くの人が主張しています。

新しい言語を習得すると、これまで気づいていなかった新しい可能性が開け、また、新しい言語は自信を高め、記憶を改善し、創造性を誘発するスキルとなります。 これにより、国際的な会社での役割に応募したり、多言語環境で働く場合にサポートが得られます。 世界には6000以上の言語があるのですから、一つや二つで満足してる場合ではありません。

新しい言語を学ぶと、異なる観点から世界を見ることができるようになります。 第一言語の限られた状態にとどまるより、他の言語を学習することで、他の文化、慣習、習慣をよりよく理解し、評価できるようになります。 外国旅行は、もう、気が滅入るような任務ではありません。 単にお昼を注文したり、基本的で幼稚な方法で道を尋ねるだけではなく、地元の人々とより深く、より意味のある会話を交わせるようになります。

国際リンギスト学校(ISLの総支配人、ロバート・マイネットが新しい言語を学習することの恩恵を説明します。 マイネットによれば、「英語がインターネットの「公式」言語なので、多くの人が第二言語を話す必要は減ったと感じていますが、これは間違っています。 実際のところ、その反対が真実です。 インターネットがグローバルな貿易を簡単にし、多国籍企業は顧客が母語で提供される製品やサービスを購入する可能性が高いことに気づきました。 これは、二言語以上を話す従業員への需要が増えていることを意味します。 さらに、別言語を話す英国人は25%以下なので、二言語以上を話す人は、ますます競争の激しくなる労働市場で傑出することが出来ます。」

 

最も学ぶのが難しい言語は?

新しい言語の学習が困難かどうかは、言語の種類、学習者の熱意、そして勉強と運用にどれだけの時間をかけられるかによります。

研究によればフランス語、スペイン語、ドイツ語、イタリア語といった言語を流暢に話すことができるようになるまでには480時間かかります。 これらの言語は、基本をマスターするのに平均で720時間かかるギリシャ語、ウルドゥー語、タイ語、ロシア語、アラビア語、中国語より学ぶのが簡単だとみなされています。 異なる文字、語彙、フレーズ構成といった要因が、特定の言語の習得が難しいかどうかに影響します。 しかし、時によっては、母語に近い言語を選択すると、特定の言語の学習が他の言語の学習より簡単になるかもしれません。

より簡単な言語の学習に、毎日5時間当てれば、96日で基本をマスターできます。 それを考慮すると、それほど大変なことでも、時間がかかることでもなく、長期的な恩恵はかかる時間より大きなものとなっています。 だからこそ、今日、新しい言語との冒険を始めませんか?

すでに多国語を話せる人、また翻訳や通訳に興味のある人は、リンギストゾーンを覗いてみてください。リンギストの機会が待っています。