言語サービスプロバイダーであるthebigwordは、中小企業(SME)が、言語の壁を克服して自社の製品とサービスの新たな海外販売先を獲得するのを支援するために、Googleと提携しました。

 

検索エンジン分野の巨大企業であるGoogleはその最新のマーケットファインダーと呼ばれるツールのローカライゼーションのパートナーとして thebigwordを選びました。

 

このサービスは輸出を検討する企業に対して、海外マーケティング戦略導入で一歩先んじる手立てとなり、以下の3つの単純化されたステップによってビジネスのグローバル化を支援します。

 

1.マーケットファインダーは、最適なマーケットを推奨するために、潜在顧客がどのようにインターネットと可処分所得を利用しているかについての詳細な分析情報を利用することで中小企業のグローバルビジネス戦略構築を支援します。

 

2.ターゲットとすべき新たな地域を中小企業がいったん選べば、マーケットファインダーがローカライゼーション、国際決済およびロジスティクスを含む次のステップの立案を支えるツール、指針、リソースを提供してくれます。

 

3.マーケットファインダーは、広告を行うのに最適な言語と、潜在顧客にメッセージを伝えるために最適な手段を把握するため、データと顧客インサイトを提供することによって中小企業の意思決定を支援します。

 

このサービスは180の市場への完全なアクセスを提供し、32種のデータソースからの詳細な分析情報を活用します。

 

その一例として、欧州地域向けウェブサイトのローカライゼーションのためにマーケットファインダーの指針とインサイトを利用して空路、鉄道、バスでの移動の価格と所要時間を1回の検索でユーザーが比較することを可能とする旅行メタ検索エンジンが挙げられます。

 

thebigwordの創設者であり経営執行役会長のLarry Gouldは次のように語ります。「多くの中小企業では、初めての輸出の際には二の足を踏みたくなる傾向があるようです」

 

「しかしGoogleマーケットファインダーがあれば、製品やサービスを海外で売るプロセスの謎が解き明かされ、初歩的作業のように容易となるのです」

 

「イギリスには貿易大国としての誇るべき歴史があり、このツールはイギリスの次世代の輸出業者が世界のどこにいる顧客とでも取引関係を構築することを支援できます」

 

「2016年にイギリスは自動車、医薬品、ガスタービンを含む4,000億ドル相当以上もの製品やサービスを輸出し、世界10位の輸出大国となっています」

 

「特に中小企業にとって大きなチャンスが眠っているため、中小企業の方々に積極的にグローバル化することを私は薦めています」

 

Google 製品マーケティング・マネージャーのMarco Giorginiは次のように語ります。「インターネットが国際貿易の壁を取り払い、これまでよりも低いリスクとコストで潜在顧客が身近なものとなっています。 マーケットファインダーがこれをさらに簡単なものにしてくれます。」

 

英国ハンズ貿易政策担当閣外相は次のように語っています。「今日37億人の人々がオンライン上にあります。それゆえどんな小さなビジネスでも世界中の新規顧客の獲得を目指してデジタル化すべきなのです」

 

編集者向け注記:

 

thebigwordは欧州における最大の通訳サービス提供業者であり、世界で上位15社に入る言語・翻訳関連企業です。

 

当社は世界の多くの最大手企業やトップクラスの知名度を誇るブランド、増加傾向にある米国や英国の政府機関を顧客としています。

 

当グループは世界各国の12カ所に拠点を持ち、600人以上の従業員と15,000 人以上のリンギストのネットワークを擁しています。

 

thebigwordは毎月100万分相当の電話通訳、1万7,000件の対面通訳案件、5億語の翻訳を処理しています。

 

詳細については、http://www.thebigword.com/ をご覧ください。