グローバルな言語サービスプロバイダーである thebigword は、多様性が DNA にあり、ビジネスとしての成功の鍵であると考えています。

今年の性別給与明細書で、thebigword は平均性別賃金格差を 3 分の 1 に削減しました。賃金格差の中央値では、平均して女性が男性よりも多く支払われていることを示しています。 ただし、上位 2 位の賃金四分位では、女性と男性が平等となってており、これは平等な機会が、当社が行うすべての最前線にあることを示しています。

これを相対すると、英国の男女賃金格差の中央値は 17.9%です。 したがって、性別による賃金格差は、英国の平均よりも大幅に縮小されています。

過去12か月にわたって、当社が目標としてきているのは、テクノロジー部門の Gould Tech Solutions に女性の専門家を採用することであり、さまざまな国内およびグローバルイベントを後援して、グループ内の多様性のレベルを高め、奨励してきています。

当社の積極的な行動には、グローバルな給与監査が含まれています。

今後、給与の見直しや採用決定に関与する、すべてのマネージャーおよびその他のスタッフメンバーに、定期的なトレーニングを提供します。 当社は、教育機関と協力して、学生が仕事をするための準備を整え、既存の制度を指導し、さらに発展させます。

シニア HR ビジネスパートナーのサラ・パヴェリーは、次のように述べています。「この 1 年で性別による賃金格差が縮小したことを嬉しく思います。 格差を減らすためにいくつかの対策を実施しましたが、これらが実現したのを見て嬉しく思っています。

これは、私たちが満足しているテーマではありません。 性別を問わず、すべての従業員に対して公正であることを保証するために、できる限りのことをすべて行うことに全力を注いでいます。