ビジネスインテリジェンスの顧客プログラムディレクター、クレア・ジャクソンは、今年 4 月にエストニアで開催される第 14 回 EUATC 会議でセッションを開きます。

ローカリゼーションとテクノロジー業界のビジネスインテリジェンスエキスパートとして、クレアは、言語サービスサプライチェーンにおける thebigword の新しい予測分析ソリューションについて話します。

直面する課題の多くは、「質の高い結果を得るためにもっとお金を払うのか、それとも長く待つのか」などの厄介な二重の結末の問題です。私たちが直感的に認識していることは、信頼できるパターンを特定できれば、各オプションの予想される結果を予測するための式を作成し、結果を比較して計算上の選択を行うことができることです。

予測分析は、その驚くべき先見性を提供し、効果的なアクションと組み合わせると、大きな競争上の優位性をもたらします。

予測分析は、主要な将来のイベントについて予測を行うことができる高度な分析ソリューションです。 このソリューションは、より教育に基づいた意思決定を可能にするデータを提供することにより、サプライチェーン分析、リソースキャパシティプランニング、言語品質管理をサポートします。

クレアは、タリンで開催された第 14 回 EUATC 会議で、予測分析がどのように言語サプライチェーンの効率と革新を高めるかについて話しています。 この会議は世界中の参加者を集めています。また、主要な資産を最大限に活用し、ビジネスを改造し、新しい市場に効果的に参入するための最良の戦略と技術を展開しようとしている業界の意思決定者を対象としています。

当社の予測分析ソリューションの詳細を共有し、今月後半には、EUATC で技術的な専門知識について説明することを楽しみにしています。